エラーページを自分の好きなデザインに設定する方法

エラーページ

上記画像のようなページを一度は見た事はあると思うんですが、.htaccess を使うことでオリジナルのエラーページへリダイレクト出来るので、このページも自分の好きなデザインのページに飛ばす事が出来ちゃうんです。

ちなみにCSS Lectureのエラーページはこんな感じにしてます。

…ここからが続き

エラーページの作成

代表的なエラーコードは下記の通りです。

エラーコードメッセージ意味
401Authorization Required認証に失敗しました
403403 Forbiddenアクセス権限がありません
404Not Found該当のページが見つかりません
500Internal Server Error内部サーバエラー
(大抵の場合が CGI のエラー)

デザインに関してはかっこいい404 Not Foundページのデザイン集でも紹介している通り、本当に自由にして大丈夫です。

でもユーザーさんの為にもエラーコード、エラーの内容、トップページへのリンクは書いておいた方が良いと思いますよ。

ディレクトリ構成

ドメイン直下の後にerrorフォルダを作り、その中に401.html、403.html、404.html、500.htmlと自分の好きなデザインで作ったhtmlファイルを置いて下さい。

エラーページ設定方法

.htaccess

ErrorDocument 400 ドメイン名/error/401.html
ErrorDocument 403 ドメイン名/error/403.html
ErrorDocument 404 ドメイン名/error/404.html
ErrorDocument 500 ドメイン名/error/500.html

上記の内容で、textファイルを作成し任意の名前で保存。サーバーにアップロードし、その後ファイル名を.htaccessへ変更して下さい。
(※Windowsでは、.(ドット)ではじまるファイルを作れないからです。)

こうする事で各エラーが出た際に、自分で予め作っておいたhtmlにリダイレクトするって感じです。

Comment Form

※コメントが認証されるまで、コメントは反映されません。ご了承くださいませ。


(公開されません)
 
Captcha

画像の中に見える文字を入力してください。

page top へ

Sponsor

  • heteml
  • Movable Type

Category

Recent Article

2011 04-05
iPhone スマートフォンサイトのデザインのまとめ
2011 04-04
スマートフォン対応にしてみました
2011 04-01
CSS3 要素を透明に出来る Opacity と RGBa の使い方
2011 03-31
サイトリニューアルしました
2010 12-01
CSS3 でボタンを作る為のテクニック、サンプル集
2010 11-24
綺麗でリッチなフッターデザイン集のまとめ 60
2010 11-18
緑と黒色を使った Webデザインのサイト 25
2010 11-10
知っておいた方が便利なエクセルの知識

Recent Comments

Archive

2011年
2010年
2009年
2008年

Related Article