pluginの検索結果

他サイトからプラグインなどを導入した時の注意事項

紹介しているプラグインを導入したら表示が上手くいかない。そういうコメントを頂く事もありますし、一番大きな点は自分のサイトのソースをコピペなどで使っている人もたまにいると思うですが、自分の Google Analytics のソースコードまで持っていちゃってる人もいるんですよね...

もちろん自分のアクセキログに収集されちゃってるわけなので少し困っちゃってます;;

なので今回は、プラグインなどを導入したいけど知識があまりないんです...って方は是非読んで頂きたいと思います。

MTで同一カテゴリーの前後のエントリー(ブログ記事)を表示する

Movable Type で、ブログ記事の前後へのリンクはプラグインは必要ないのですが、同一カテゴリーのブログ記事を表示するには今回紹介するPreviousNextInCategoryプラグインが必要です。

MovableType.orgでも紹介されてるPrevious and next in categoryなんですが、どうらこれはMT4.1や4.2には対応していないみたいなので、4.1 4.2に対応したプラグインも一緒に紹介したいと思います。

GravatarをMovableTypeで使用出来る Gravatar Plugin

Gravatar

ブログのコメントにアバター(アイコン)を表示させるGravatarを導入したので、それをMTを使って使用する方法を解説していきたいと思います。

解説と言っても凄く簡単なんですけどね...

ファイルのアップロードを一括できる Asset Handler

Movalog Plugins

アイテムの管理が便利になっていますが、デフォルトのMTのままでは、ファイルを一つ一つアップロードしないといけないと言う非常に面倒な作業になってしまいますが、このAsset Handler プラグインを使う事で、ファイルのアップロードを一括で出来ちゃうんですよね。

自分はMT使い始めの頃はせこせこと、一つずつファイルをあげていました......

まだ一つずつファイルをあげているって方がいましたら是非上記サイトからAsset Handlerプラグインをダウンロードを使ってみて下さい。

アーカイブページを分割するプラグイン Paginate

このPaginateプラグインの利用はHTMLをPHP化にする必要があるんですが、ブログをPHP化しても、今まで通りファイルは検索エンジンにインデックスされますし、PHP化することによりいろんな機能を付加することができたりもしますよ。

MT4 エントリーの関連付けを行うプラグイン

ブログなどでこの記事に関する記事って項目をみかける事がある思うんですが、その関連付けを行ってくれる便利なプラグインが今から紹介する「RelatedEntries」なんです。

このプラグインはThe blog of H.Fujimotoさんのサイトで開発されたもので、使用や設置方法を説明されているのですが、詳しい使い方について説明がない部分があるので、そこを含めて解説していきたいと思います。

アーカイブページを分割するプラグイン Paged Archives

Paged ArchivesはPHP化せずにアーカイブページを分割する事が出できるんですよね。 適応出来るテンプレートは下記に記されてる通りです。

  • メインインデックス
  • カテゴリーアーカイブ
  • 日付アーカイブ

※メインインデックステンプレートでは、ブログの設定 > 一般 > で設定している「エントリー表示数」の影響を受けるので注意してください。

Movable Type 絵文字アイコンを使うプラグイン

絵文字プラグイン

MTで絵文字アイコンを使いたい!って個人的にはあまり思わないですが、スタッフブログで使いたいという要望が以前からいくつかあったので、使えるようにはなっておかないと駄目でした。

最近使わせて頂いているのはKickstart my heartさんで紹介されているプラグンを紹介したいと思います。

エントリーやウェブページ内でMTタグが使える「Templatize」プラグイン

エントリーやウェブページ内でMTタグが使えたら...
っと悩んだ事があったんですけど、このプラグインを入れるとエントリーやウェブページ内でもMTタグが使えちゃいます!

ちょっとした事でわざわざインデックステンプレートを使わなくても大丈夫なんですよ。

配布元はスカイアークシステムさんです。

特定カテゴリーの表示/非表示にするプラグイン

今回紹介するプラグインは、特定カテゴリーの表示・非表示を切り替えるプラグインです。

カテゴリーを表示させたい時に、「このカテゴリーだけ表示させたくない」、「このカテゴリーのみを表示させたい」ってケースが出てくる時があると思います。

そんな時にこのFilterCategoriesと言うプラグインが凄く使えます。